大人気電脳せどりツールサヤ取りせどらー!   

初回限定CD等の増産がブーム到来?

最近の初回限定CDを観ていると増産が流行っている
みたいです。まさかの増産ブームの到来?w
僕なりにこの増産を解説したいと思います。 

こんばんわ。ユーダィです^^
新品初回限定CDが増産されまくっている件について
僕なりに解説しようかと思います。

最近増産されまくっていると人気な商品はこれですね。

一時期はかなりのプレ値で僕も少し仕入れて売りました。
増産されるかはしないかは誰にも絶対に分からないと言う事ですね。

ですが、ある程度新品せどりを
やっていたら少しづつ分かってくると思います。

この商品だって80%の確率で増産されると感じていました。
だってレーベルがレーベルですので…w

かなり大手のレーベルはほぼ高い確率で増産されます。
最近は増産が増えているのは事実です。

これは、ある事の始まりから始まった事だと僕は思います。
そのある事とはいったい…?

ダウンロード違法化

少し記憶が曖昧ですが、10月からこの法律が始まったと思います。
以前までは、無料でダウンロードは一応違法でしたが罰則はなかったと思います。

簡単に解説するとyoutubeなどから音楽だけ
ひっぱてきてダウンロードするという事ですね^^

CDが売れない時代になってきているせいか
この無料ダウンロードに罰則ついたとい事です。

CDが売れない理由はこれではないと思いますが
ダウンロード違法化をする事でCD購入者は増えると予測したのか?
それともただの罰則をつけたかったのか?

それは僕には分かりませんが、
この法律ができた変わりにおそらくですが、CDの出荷量が増えたと思います。

僕の感なので参考程度にしてくださいね^^
おそらくすぐに売れないと感じて出荷量も
また通常に戻るとも思います。

レーベル側もこれぐらいなら売れるだろう的な
感じでアーティストと相談してプレス量を考えているはずです。

増産している時点でもう限定なんて作らなければいいのに…
というのが現状ですよね…

まだ、ダウンロード違法化が始まって1ヶ月しか
たっていないのでレーベル側も試行錯誤試しているはずと思います。

先日のAmazonセミナーでも言っていましたが
Amazon以外のCD市場や本の市場は年々下降しているとの事。

Amazonの市場は常に上昇していて
Amazon独占状態というぐらいあがっています。

今はほとんどのネット通販はAmazonに目を向いて
きているので通販=Amazonまで上り詰めてきているという事です。

通販=Amazonということになっているという事は
Amazonでも確実に在庫切れになる商品は発生するという事。

Amazonで在庫切れが発生すると当然ながら
他のネットショップを買います。

そして他のネットショップも枯れるからプレミアム価格
が発生すると言う訳なのですね^^

Amazonセミナーでもプレミアム価格で販売しちゃって
くださ的な事を言っていましたのでプレミアム価格を認めている
という事になります。

今直近転売でメインでやられている方は
11月は厳しいかと予測しています。

12月ぐらいから出荷量も落ちるいてくるかなと
感じていますので今は待つしかなさそうですね^^

もし、この現状が長い間続き出荷量も多いのならば
おそらく転売屋さんたちも黙っていられないと思います。

直近せどりはかなりのライバルがいるので
確実に誰かは動くはずだと思います。

例えばAmazonを狩るとか楽天を狩る
モンスターハンターのような方が出てくるはずです。

法人も参戦しているので確実に在庫切れは今後も
発生すると思うで心配はしなくてもいいと思います。

消費者には迷惑だと思いますが、
こういった買い占める人たちもいます。

消費者からしたら転売屋はかなり嫌いだと思いますw
たまに僕も欲しい商品がプレミアム価格で売っていると
このやろーーーって思う時があるのは内緒ですw

まぁこのブームを台風のようにさっていくと
思うので気長に待ってみるのがいいでしょね^^

テール商品を狙う人、トレンドを狙う人
せどり方法はいくらでもあるのがせどりのおもしろい所です^^

どちらも扱うのが稼ぐ秘訣でもあります。
Amazonセミナーでも言っていた事ですし前から
言われている事でもあります。

今後の新品CDせどりに注目していきたい所ですね。
また、色々調べていくつもりなので情報が入り次第
ブログ更新したいと思います^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

アマデウス2 いいね!ポチってくれないでしょうかw


あわせて読みたい関連記事一覧

関連画像

タグ


このページの先頭へ