大人気電脳せどりツールサヤ取りせどらー!   

ヤフオク落札時の注意点取引ナビにて連絡が来ない場合

ヤフオク落札時にあれッ取引連絡が来ない…
一体なぜなのか??ちょっと疑問に思った事ないでしょうか??
そういう時は一つ見逃している事があります。
これは結構注意点なのでしっかり注目するべし…

電脳せどりでヤフオク仕入れの場合は注意点がいくつかあります。
その一つとして今回は取引ナビにて連絡が来ない場合があります。

それは基本的な事ですが、出品情報をしっかりみていないと
こういった事があります。

実は僕この事で何回かクレームを受けたことがありますwww

以前、ヤフオクでバンバン仕入れている時に何回も
このミスを犯したことが結構あります。

まず、以前の僕のヤフオク電脳せどりする際に
チェックしていたのは2つしかありませんでした。

振り込み先の確認

主にゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパネット銀行を
振り込み先として確認しています。

これ以外の振り込み先ではなるべく落札しないケースが多いです。
中には他の振り込み先しかなくても利益取れる場合はガッツリいきますw

すべて、同一振り込み先なら手数料が無料なので
おいしいですよね^^

楽天銀行とかは回数に制限がありますが…
ゆうちょなら問題ないでしょう^^

これが、1点…次に2点目…

仕入れる商品のコンディションや国内正規品なのか?

これは以前にも書いたように国内正規品は絶対見る事…
台湾製品などが多いので要チェックするべし…
まぁ、ほとんどミスはないと思いますが、初心者さんは
たまにやってしまうみたいです^^

次にコンディションですね。
主に新品を仕入れる訳なのですが、新品と記載されていても
実は商品の中身確認のため一度開封している商品等あります。

後、1度再生だけなのでほぼ新品で新品出品している
出品者もいます。

これは、本当に昔良くやった記憶がありますねぇー^^
うわッ新品なのにかなり安いーーーーーー^^

頂きーーーーーーwww

入札後チェック…

一度再生しただけなのでほぼ新品で出品させて頂きます…

やってしまった…w
入札取り消しておくれ…というのは絶対NGです…

優しい出品者ですと、入札を取り消してくれますが
優しくない人は決してくれませんしブラックリストに登録しておきますね。
という返事が来たりします…

こういったことはなるべくないようにチェックしていきましょう。。。
この二つをまず、チェックする事が大事。
次にチェックするところが非常に大事になってきます…

取引ナビは落札者からしないといけない場合がある

落札したけどいつもなら出品者から取引ナビがくるのに
来ないな…なんでだろーーーwww

という時がたまにあります。
そういう時は商品情報をしっかりまず見る事。

落札後、落札通知の出品者メールを送っている人がいます。

一々取引ナビなんて送ってらんねぇよーーw
という方やオークションのプロ達がやっている手法ですね。

これは、初心者さんにはちょっと分かりづらいって感じです。

この落札時のメールを見て落札者より返信をお願いします。
とい商品情報覧に書いている出品者と書いていない出品者がいます。

これを防ぐためには、ヤフオク通知設定をよく見る
メールアドレスに設定する事で解決できます。

しっかり、丁寧な人なら落札時のメールもしっかり見て
いると思いますが、色々な商品を落札しているとみるのも
手間になってきてしまい見なくなってしまいがちです…

まぁ、以前の私の経験談を語っている訳なので
もしこのような事があるって人は参考にしてくださいね^^

この出品者の落札時メールで返信しないと
良い出品者に出会うと改めて取引ナビで連絡をくれます。

ですが…

あまりいい出品者ではないと取引ナビもくれず
一定の時間を過ぎると、逆クレームが来ます…

以前あったクレーム…

落札時より3時間以上がたっています。
取引する様子がないと思うのでキャンセルしたいと思います…

ふざけるなーーーーーーw
ってなりますよね…お客様をなんだと思っているのだ…とも思いました。

これは、評価に悪いが自動的につきますので
みなさんお気をつけて下さいね^^

しっかり、落札時のメールをチェックして
メールが来ていないかチェックする。

後、商品情報ページに落札者から連絡して下さいという
表記があるならチェックしてこちらから連絡するというのがベストです。

こういったトラブルがなくはないと思うので
注意してヤフオクで落札していきましょうーー^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

アマデウス2 いいね!ポチってくれないでしょうかw


あわせて読みたい関連記事一覧

関連画像

タグ


このページの先頭へ