大人気電脳せどりツールサヤ取りせどらー!   

初心者さんが相場を壊すんです…

先日初心者さんが相場を壊すんです…
といメールがきてとてもいい内容だったのでシェアしたいと思います。
確かに初心者さんは相場を壊す傾向がありますね…

こんばんわ…風邪治ったと思いきやまた…w
どぅもユーダィです^^

先日とてもいい質問メールをいただいたので
シェアさせていただきたいと思います^^

ここから

ゆーだいさんこんばんわ。
いつもお世話になります○○と申します。

ちょっと質問なのですが、いいでしょうか?
お時間取らせてしまいますがよろしくお願いします。

最近新品せどりに力を入れていますが
すぐに相場が落ちて利益が薄くなってきています。

ある商品を10個仕入れて4千円代で売れていたのですが
急に3000円に落とす出品者がいて相場が落ちました。

ライバルチェックをする事は大切と言われていたので
その出品者をチェックすると評価40件ほどの初心者さん
だと私は思いました。

この初心者が付けた相場についていくのがいいのでしょうか?
大切な時間取らせて申し訳ございませんがご回答よろしく
お願いします。

ここまで…

○○さんユーダィはひらがなではなくカタカナです笑

まぁ、そんな事はどうでもいいですが
返信はもう終わりましたがブログでも回答しておきます。

新品せどりについてですが、どうしても楽を求める人が増えています。
出品も楽ですし検品もいらないし稼げるのでライバルは増え続けています。

直近発売の場合はおそらくAmazon在庫復活が怖いのか
ある程度値下げして早く売ろうとする出品者もいます。

基本新品せどりはFBAで売るのがデフォルトになっています。

たまにFBA発送でショッピングカートを取ってもっと
高く売れるのに自己発送の最低価格に合わせて販売している人がいます。

なぜ、FBAで価格差が自己発送より
1000円間があっても売れる理由は一つしかありません。

購入者は安心を求めるからです。

当然個人の発送よりAmazon発送の方がきれいですし
何より早く届けてくれるのでみんな利用します。

購入する視点を考える事が大切です。
ゲームなんて価格なんてどうでもいいから早くプレイしたい
という人がほとんどだと思います。

プレイとは少しやらしいかもしれませんが
あっちのプレイも早くしたい人が多いのではないでしょうか?w

買う視点を考えれば高くても安心で良い商品が欲しいはずです。

相場ですが、今後もっと新品せどらーが増えると思います。
価格設定は今後の課題ともいえるでしょう。

このライバルと戦う一つの方法があります。
初心者さんの価格相場に合わせるか合わせないかが差別化の一つです。

戦うための一つの戦略

その商品の需要を知れ!!!

需要さえ知っていれば価格が下がってきても
供給より上にいれば確実に相場が上がります。

その商品の需要が下がってきているなら
初心者に合わせて早く売る必要があります。

例えば最近はAKB48の需要がかなり落ちているみたいです。
こういう情報は常に入れておくことも大事です。

最近は握手券が売れないとか色々な情報はネットがあるので
すぐに調べる事も可能ですよね^^

需要が大きければ例えば…

私が商品Aを5000円の商品を大量に持っているとします。
初心者さんAが5000円の商品を10個持っていて4000円で出品。

需要を知っていれば10個ぐらい簡単に売れますので
価格はあえて改定はせず様子を見ます。

様子を見る方法を少し公開します。
その初心者さんAの在庫をショッピングカートに999個入れます。
そしたら、ショッピングカートを定期的にみるとその商品の動きが見れます。

動いていない場合はあまり需要がないともいえるでしょう。
一番最近多いと思うのが群がりですね。

新品せどりが流行っているので群がるのは当然です。
初心者さんが群がると相場破壊戦争が起きてしまいます。

でも、いくら群がろうともその商品の需要さえ理解していれば
初心者に合わせて価格を設定しなくてもある程度まてば相場は回復します。

例な商品があればと思い超―簡単で有名な商品はこれですね。

このような集まりが群がりと言います。
需要はクリスマスに向けて上がってくるのではないかと思いますが…
出品者200人いるのできわどいかと思いますねwww

激戦ジャンルに無理やり行かなくてもいいと思いますが…

大切なのは需要と言いたいのですね。
もーくどいぐらい言っているからうっとしいぞ己www
とは決して思わないで下さいね^^

では、参考程度にしてみて下さいねーーー^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

アマデウス2 いいね!ポチってくれないでしょうかw


あわせて読みたい関連記事一覧

関連画像

タグ


このページの先頭へ