大人気電脳せどりツールサヤ取りせどらー!   

新品せどり最大のメリットとは?

Pink-PSP-icon

前回は新品せどりのデメリットについて解説

しました。

今回は新品せどりのメリットについて

僕なりに解説したいと思います。

 

前回の記事   icon-menu03-r-red 新品せどりの最大のデメリットとは?

こんにちわぁ。ちょっととあるせどらーさんのブログを見ようと

思ったら消えていたなぜ?w

どうぉもユーダィです。 続きは編集後記で^^

 

新品せどりのメリットはたくさんあります。

 

中古本せどり以外はコンディション設定が新品に設定できる

だいたいの本はコンディション設定を新品に設定するとこれは定価以外

価格を付けれませんと表示された事ありませんか?

 

これは新品本せどりのデメリットでもあります。

ほぼ新品で出品しかできないのです。

 

なぜ、ほぼ新品がデメリットなの?

Amazonの形式上価格の安い物準で表示されます。

商品コンディション良い ¥2980円

この間がかなり空いてしまう。

商品コンディションほぼ新品 ¥6980円

特に他の出品者が多い場合なんて次のページ、次のページ

ってなんども検索をする労力がお客様には必要になってくるわけです。

 

もうめんどくさい。中古でいいやwwwってなる方もいると思います^^

コレクターさんなら完全新品を狙いに来ますが…

 

ってことで、本以外の商品がコンディション設定が新品に設定できること

が1点。

※ 中には本でも商品コンディション新品にできる商品もあります。

 

FBA利用ならショッピングカート表示権利がもらえる

見かけたことがあると思うんですが、

○○が販売しAmazon.co.jpが発送いたします。

はっきり言います…

 

このショッピングカートは本当に激熱なんです。

今FBA新規利用停止中なんで、詳細はFBAが再開してからと^^

いつ再開始まるんでしょうね…

 

FBA以外でもショッピングカートが取れます。

おもちゃ、ゲーム、フィギュアや電化製品等はAmazon基準に達して

いれば取れます。

このショッピングカート取れる基準が完全ではないですが、

おそらくこんなあたりではないでしょうか?

 

大口契約している

1つの商品を販売したら100円がとられなくなる契約です。

月額4900円で月に50以上販売されている方は絶対登録している

はずですが

月に50以上販売して、大口契約してない方は絶対登録しておいた方

がいいですね^^

 

評価、販売数の数

これも関係してくるのではないかと思います。

 

アカウントの古さ

おそらくこれが一番でかいんじゃないかと。アカウントが古いとそれだけ

商品販売しているし、利用しているってことで、Amazonからの信頼は

ありますね。クレジットカードみたいなもんです。

クレジットカードは年々使うと限度額が上がっていくのは

ご存知でしょうか?

それみたいなものを想像して頂けたならなと^^

 

商品コンディションを書くのがとても簡単

中古なら1~3まで検品と言う作業をしてコンディション説明を記載

しないといけません。しっかりしたコンディションを書いていないと

クレームが来ます。

記載してるのと違うんだけど返品お願いします。

嫌ですねwwwこれが新品だと

 

この商品は新品未開封です。梱包材で丁寧に包みクロネコヤマトメール便

で24時間以内に発送いたします。

コピペコピペww

メモ帳などでもコピーして、ペーストしたらいいだけですので…

 

最大のメリット電脳せどりがしやすい

新品はAmazonで良く在庫切れが発生しますので、プレ値になっている

商品をヤフオク、楽天等で探して出品が結構できるが最大のメリット

です。

 

在庫切れで、プレ値になっていない商品でも、価格差があれば仕入れるし

最近ありました、楽天のセールを狙ってもいいですし。

 

電脳せどりしやすいのが新品せどりの最大のメリットだと思いました^^

 

 

編集後記

とあるせどらーさんのブログが消えているのお話なんですが、

以前ゲームせどり教材を出した方で、名前は伏せておきますが、

久しぶりに挨拶しに行こうと思ったら消えていました。

 

他にブログを移行したのかな?それとも…

まぁ疑問に思った今日この頃でした^^

 

でわでわ^^

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

アマデウス2 いいね!ポチってくれないでしょうかw


あわせて読みたい関連記事一覧

関連画像

タグ


このページの先頭へ