大人気電脳せどりツールサヤ取りせどらー!   

せどりの消費税について

先日少し知り合いのとある企業の社長さんとお話をする機会が
ありまして、少し税について色々教えてもらいました。
やはり税金は高いですし、知っておかないといけません。
特に売り上げが多い方は絶対に勉強しておくことが大事です…

こんばんわ。少し風邪をひいて少しブルーなユーダィです^^
来年の確定申告について色々先日から勉強を始めています。

そこでいつも思うのですが、税金について考えると正直…

税金なんてくそくらえ!!!!

っていつも思っています笑
でも国民の義務であるので仕方がありません…

ネットビジネスの業界は確定申告をしてもばれないだろ?
という方も多いと思いますが、これはかなり危険なので絶対
にばれないと思うのは辞めましょう。

追加税がありますので絶対に辞めましょう。
税金って本当に恐ろしい物です。

本当にヤクザみたいに少しひどい場合もあります。
おそらく税金ばんざーーいって払う人はほとんどいないと思います。

稼いだ大半のお金を税金に持って行かれる事も少なくないです。
稼いだお金は絶対に自分の力で守りましょう。

今回はせどりの消費税について解説したいと思います。

せどりの消費税について

今は消費税を上げる等色々な話が飛び回っていますね。
上げなくても税金の無駄使いをなくせば絶対に上げなくて済むと思います。

個人的な意見ですが、無駄な税
金なんておそらく本当に多く使われているはずだと思います。

まず、消費税は今5%です。
年間の売り上げが1000万円を超えない方は必要はないです。

後、ヤフーオークション専門で売っている人も大丈夫みたいです。
特にAmazonで商品を売っている人で年間1000万以上売っている人は
本当に要注意です。

先日企業の社長にこう言われました…

社長 「月に大体いくらぐらい売り上げあるの?」
ユー 「150万から200万の間です。」
社長 「それは確実に年間1000万越すから消費税結構払わないといけないね
額が額なんで税理士はつけた方がいいですよ…」
ユー 「…税理士…ですか?」

僕も先日から少しづつ焦りが出てきているのは内緒ですwww
知らぬ間に月商200万とか普通にたたき出していて年間おそらく
約1800万ぐらいの勢いになりそうです…泣

何とか税理士さんを紹介して頂ける事なので
なんとかなるといいのですが自分でも勉強をしています。

せどりの消費税に話は戻りまして

年間売り上げが1000万円を超える場合消費税を払う義務がある。

簡単に解説するとAmazonで売ると消費税込みの価格で販売しています。

一旦お客様の消費税を預かるという形になり
その預かった消費税を確定申告時に返すという形になります。

税理士ではないので完璧ではありませんがこのような感じです。

消費税の計算の仕方は例えば送料込の商品をAmazonで
1050円で販売すると消費税5%なので50円消費税を預かっている形です。

年間に1000万円売り上げるということは50万円の消費税がかかる。
その商品を例えば500円で購入すると25円の消費税がかかります。

売り上げ消費税-仕入消費税=消費税という感じでオッケーでしょう。
このような考え方でおっけーだと思います。

詳しくは税理士さんに聞くのが一番早いと思います。
誰か税理士さんがいれば私を助けて下さい…www

せっかく自分で稼いだお金なのでなんとしても守りましょう。
ネットビジネス全般でもそうです。

経費になるものは徹底経費として残しておくことが大事です。
水道代も電気代も携帯通信料もなにもかも領収書は絶対もらっておくこと。

まだ、時間はたくさんありますが、来年の確定申告は戦いですね笑
戦って稼いだお金を無駄にしないために絶対守ってみせます。

おそらく持っていると思いますが
せどり開業バイブルという税金について詳しい教材があります。

少しでも、税が気になる方は絶対に買っておくことです。
4980円というかなり激安なので買っておいて絶対損はありません。

脱税者にもなりたくないですし、犯罪者にもなりたくないです。
そして、なによりせっかく稼いだお金を税金にとられるのはごめんだwww

せどり開業バイブルは絶対に持っておくことが大事だと私は思います。

lst_a02_25_25_gr せどり開業バイブルの詳しい詳細はこちらをクリック

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

アマデウス2 いいね!ポチってくれないでしょうかw


あわせて読みたい関連記事一覧

関連画像

タグ


2012年10月25日 | コメント/トラックバック(2)|

カテゴリー:せどり税金

このページの先頭へ